月別アーカイブ: 2016年12月

中学受験へのモチベーションについて

我が家は長女、次女ともに中学から大学まで一貫の私立に通っています。いい意味で今考えても自然に子供たちのモチベーションが上がって、勉強をしてくれたような気がします。
とにかく我が家は2人ともが幼いころからクラシックバレエに熱中して、小学校3年生になるころには、本気でレッスンを受けたいという状況になりました。
そして、お姉さんたちを見ているとそれこそ、クラシックバレエ漬けの青春を送りたいと子供なりに考えたようです。そこでその理想を実践するためにどうするか考えたときに、受験勉強をなくして、時間を有効に使いたいということに至ったわけです。
そこで親から提案したのが中学受験です。小学校の限られた時間をしっかり勉強することで中学、高校、大学とクラシックバレエに熱中できるということを伝えたところ、思った以上にすんなり勉強を始めました。
おかげさまで二人とも努力のかいもあって、しっかり志望校に合格、今ではクラシックバレエに熱中しています。

PR|新築住宅の見学会情報はこちら|

競争環境を与えることの大事さ

我が家は長女が高校生、次女が中学生になります。幼稚園や小学校に通っているときに非常に感じたことがあります。それは、通常の教育の中ではなかなか子供たちが競争を経験することが少ないと言うことです。学校の運動会のリレーや短距離走がその良い例ではないでしょうか。
私と家内はこの環境では大人になってから子供たちが苦労するのではないかと思い、健康のことも考えてそれなりに厳しい環境でスポーツをさせることにしました。もちろん、娘たちは自分たちが好きなスポーツでないと取り込まないのでその点は気をつけたつもりです。
実際に習わせたのはクラシックバレエです。上下関係が厳しく、競争の環境としては最適だと思います。泣きながらレッスンに通ったこともありますが、基本的に対象が好きなものなのでへこたれずにここまで頑張ってきました。
2人とも中学受験を頑張って乗り越えてきましたが、これも幼い頃からクラシックバレエで努力すること、頑張ることの大切さを学んできたからだと思います

PR|間取りを考えた新築一戸建て|

子供を育てる住宅について

子育て世代にお勧めの住宅は、ちょっとぐらい劣化がある方が気持ちに余裕を持って子育てできると考えています。かくいうわが家は新築マンションで子育てをしたのですけれど、正直に言いまして「失敗したな〜」と思いましたから。

夫婦二人暮らしのつもりで新築のマンションを購入したのですが、しかし契約段階よりも少し前に妊娠となり、そしてほどなくして出産し、新築マンション(持ち家)で子育てをすることとなったのです。そして子供を育てていくうちに強く思うようになったことと言えば、「中古住宅にしておけば良かったー」ということですね。

新しくなくて良いので一軒家で小さい子どもの子育てができたらストレスたまらないだろうなぁと思いましたから。ですから実家が過ごしやすかったことといったらありませんでした。マンションの1階でないので、子供の出す騒音を常に気遣い日々でしたし、それに新築ですから子供のいたずらが我慢なりませんでしたが。今では開き直っていますが。

ですから自分自身の経験からとくに「子育てをしやすい住まいは中古の一軒家」と思っています。そして3歳児以降に建て替えてもいいでしょうし。子供が小さいうちはのびのびと育てるためにも、できれば一軒家でそして新築は避けてもいいなぁと思います。

子供の健康管理について

子供の健康管理について、幼い頃から家内が中心に気をつかってきたつもりです。それもこれも幼い頃から習っていたクラシックバレエの為だといえます。何しろ太ることはできませんし、筋肉をつけることも重要なので。何よりも高校生と中学生の娘が健康でいるのはクラシックバレエのおかげだと言えるかもしれません。何よりも自分たちが規則正しい生活を送り、好き嫌いをしない食事をする必要性を感じていたからです。
もちろん家内も食事に関してはいろいろ工夫をしましたが、娘たちはクラシックバレエで健康的な体を作るためには好き嫌いをしないと心に決めていたようです。おかげさまで今でも好き嫌いは全くなく何でも好んで食べるようになりました。
健康的な体を作るのは規則正しい生活リズムと食事がある事は言うまでもありません。そしてそれを実践するためには親だけではなく子供自身が自覚を持つことが重要だと感じました。
我が家はたまたまですがその良い例だと思います。

PR|思い立ったらオープンハウスの見学会へ|