子育てはその子の個性に合わせて行うもの

我が家には、息子が2人いますが、個性がまるで違い同じように接したつもりでも、感じ方もまるで違いました。
上の子は、明るく積極的な子供ですが繊細な部分があり、注意したつもりではないのに、本人は親から注意されたから自分のここを直さなければならないと、すぐに落ち込んでしまう子でした。
下の子は、上の子とは正反対で人見知りで大人しい子ですが、注意しても親が、注意した事に関しては
まるで意に介さないという感じでした。
2人が真逆の性格なので、夫と話し合い上の子とは、何でもじっくり話し合い親の言葉で、あまり傷ついたりせずに、明るい性格をそのまま伸ばして行けるように意識しました。
下の子は、人見知りで家では我儘だったので、出来るだけ外に積極的に出すようにして、家では悪い事は悪いという事を強めに教えるようにしました。
すると、子供からすれば対応が違うと不満が出ましたが、子供が成長した現在をみると、子育ては間違っていなかったと自信を持っていえます。
子供は、1人ひとり個性があり兄弟でも、まるで違いますからその子に合った育て方があるので、親も学びながら子供と一緒に成長していくしかないと思います。