子ども言葉に背中を押されて!

子育てをする中で幼稚園、保育園、小学校、中学校のPTAなど保護者の立場での関わりがあると思います。役に立つことがあればと思いながらも、家の状況や、お仕事、また、苦手なことはできたら避けたいと思うのものです。下の息子が幼稚園の時のことですが、父母会の会長が決まらず話し合いが続いていたことがありました。わたしは、人の前でリードするようなタイプではなく、最初は、自分が役を受けようとは思っていませんでした。しかし、話し合いは難航し決まりませんでした。家族の理解などももちろん必要ですが、最後は、自分の気持ちが大事です。やるからには責任もありますし、悩みました。何気なく、息子に、もしかしたら、「幼稚園のお手伝いをするかもしれないの。ママはちゃんとできるかなぁ」と素直に不安の気持を伝えました。すると息子は「ママより、僕が大変だよ。年長さんになったら、小さい子のお世話をしたり、お弁当の時にやかんのお茶をあげたり忙しいのだから」と。息子なりに、年長さんになるあたり、不安な気持ちながらも頑張ろうとしている姿に、ハッとしました。息子と一緒に1年間、頑張ればいいのたと気持がすっきりしました。会長となり、皆さんと協力しあいながら、大変貴重な経験をさせていただきました。苦労もありましたが、楽しく充実の一年となりました。