新築住宅のメリットデメリット

新築住宅と中古の住宅、どちらにしようか迷っている方は多いのではないでしょうか。

販売数からすると、圧倒的に新築住宅の方が中古住宅よりも多いです。海外では、中古の家がよく売れているので日本とは逆になります。

新築が人気の理由は、やはり新しいので気持ちがいいというのが1位です。新築住宅のメリットは、気持ちがいいというほかにもいろいろあります。最新の設備がついているので、光熱費が安くなることが多いです。太陽光発電システムなどを取り入れた物件が、増えています。

また、中古住宅ではすぐにリフォームを考える必要がありますが、新築はリフォームを考えるまでにはかなり時間があり、維持費用の安くなります。税制の優遇も、新築住宅のほうが有利になります。住宅会社の保証期間も、10年になります。

近所の方も、みんな同じ時期にはいるのでグループもできていません。デメリットは、やはり値段が中古に比べると高いということです。

駅前で探すのは難しいので、郊外の物件が多くなります。