こどものしつけの悪い方法と良い方法

子育てにおけるしつけは大きなポイントの一つだと思います。スーパーなどでおもちゃを買ってもらえない事に泣きじゃくる子供と、それを怒鳴り散らす親の一連はたやすく想像できます。

 

しかしそんな時は、怒鳴る事はしてはいけない事の一つです。子供に恐怖感を与える事で、従わせようとするのは何の解決にもなりません。子供の心は傷つき、将来的に暴力で解決する子に育つ可能性が高くなります。

 

他にも子供の要求のままに買い与えてしまう事も良くないです。駄々をこねて大泣きすれば親は、全て聞いてくれるものと学習します。将来自分の意思を通したい時に泣いて解決するようになってしまいます。

 

しつけの解決策として、子供の気持ちを受け止めて自分も興味がある事を伝えます。そして他の興味のありそうな事に気を向ける事で子供も自分自身気持ちを切り替えようとします。感情に支配されて、パニック状態になってしまわない為にも日頃から子供の感情に出来るだけ対応する事が肝要です。

 

しつけはとても大変ですが行わなければいけません。