建売住宅のメリット、デメリット

建売住宅のメリットととえば、当然ながら労を厭わずすぐに入居できるという
最大のメリットが有ります。 特に、あまり時間に余裕のない我等サラリーマンには
即決ができるというのは有り難いことかもしれません。 
注文建築の時のような土地探しや住宅の内外の検討や調査などは不要なのである。

其れに一般的な注文住宅より価格が比較的安いと思われるし、
既に建ち上がった建物を実際に見てから購入できる事などもあります。 
又、デメリットとしては自分の描いた理想の家ではない、手抜工事が心配、
又、間取りや設備など自分好みに合わず後悔する時があるなどでしょう。

一般的な私的に思うことは、メリットととしてはとにかく安いこと、
とにかく素早く入居出来ること、各所の立地や条件、環境が選べること、
隣近所などの戸別の区画数が比較的多いこと、それに最近では意外と思えるほど
住宅性能の評価が高いことが挙げられるでしょう。

一方、デメリットとしては、第一に建物に関してかってな融通が利かない、
建物以外の外構やオプション工事で意外にお金がかかる、内部構造などの品質チェックができない、
他にもイメージとして建売は悪い物だという噂があること、等でしょうか。